メニュー

ドライアイの治療

ドライアイは、角膜乾燥症ともいい、目の疾患のひとつで、最近では、パソコンやスマートフォンの長時間利用や、エアコンなどで空気が乾燥する環境が多くなり、この疾患の方が非常に増えています。
また、コンタクトレンズを利用していると、その表面から涙液の蒸発量が増すため、ドライアイの症状を引き起こすことが多くなります。
ドライアイは「目が乾いている」状態ですが「目が乾く」以外の症状でお困りの方もいらっしゃいます。

ドライアイは、下記の症状を引き起こします。

  • 目が疲れやすい

  • 目がごろごろする

  • 目が重たい感じがする

  • 目が乾いた感じがする

  • 物がかすんで見える

  • 目がかゆい

  • 目が痛い

  • 光をまぶしく感じやすい

  • 何となく目に不快感がある

  • 目が赤くなりやすい

  • 理由もなく涙が出る

  • 目やにが出る

    5つ以上チェックがついた方はドライアイの可能性があります。

治療について

当院では症状によって、下記の治療をおこなっています。

  • 点眼加療(ドライアイのタイプによって点眼薬の種類を選択します)
  • 液体コラーゲンプラグ
  • シリコン製涙点プラグの装着

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME