メニュー

施設案内

医療機器

写真左
白内障手術装置(アルコン社製 センチュリオン)

小切開創でより安全で短時間の手術を行う ことができる最新型白内障手術装置です。手術中の眼内圧を継続的にモニタリングする業界初のシステムを搭載し、術中の リスクを低減させることで手術の安全性を向上させます。

写真右
OCT(光干渉断層計)

網膜画像診断装置であり、眼底カメラ撮影と眼底自発蛍光も撮影できる複合検査装置です。 加齢黄斑変性などの網膜疾患に必須の検査機器です。

 

写真左
光学式眼軸長測定装置(OA-2000)

白内障の手術に必要な眼軸長(眼の長さ)や 角膜の丸みや前房の深さ、水晶体の厚みなど多くの部分の測定を目に触れることなく 一度に測定します。術後の屈折誤差が最も 少ないと言われている眼内レンズ度数計算式を追加搭載しております。

写真右
視野計(ZEISS社製 HFAⅢ)

最新式の静的視野検査装置で検査時間が短縮され、信頼性も向上しています。 緑内障による視野欠損の検出や経過観察、他疾患での視野異常の検出などを詳細に行うことが出来ます。
☆当院では、HFAよりも広い範囲における視野狭窄、視野欠損を調べることができる ゴールドマン視野計も完備しております。

 

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME